2010年09月15日

新しい屋根の仕様


ブログランキング"banner_02.gif"



 防水処理        

            913-bousuisi-to-a.jpg


 幸い腐っていたのは野地板までで その下の垂木や根太は無事だった。

 今度は野地板として厚さ12ミリのコンパネを張り 

 その上に断熱材(15ミリのスタイロフォーム)を乗せて防水シートを被せた。

 当初は同じ12ミリの杉の下地材を使う予定だったが 工期の関係からコンパネにした。


            914-bousui.jpg 

 結局本屋は 新しく12ミリの野地板を張り、15ミリの断熱材を入れて防水シートを被せ

 その上に0.35ミリのガルバリウム鋼板を葺いた。

 従来の屋根との違いは次の3点である。

   @ 野地板を9ミリのベニヤから12ミリのコンパネに変えたこと。
   A 今までなかった断熱材を入れたこと。
   B いわゆるトタンをガルバリウム鋼板に変えたこと。 

 明らかにグレードアップしており 今後30年は大丈夫?

 ひょっとしたら白寿をこの家で迎えるかも・・・。

 なお、側面のパラペット部分もシートを張って0.35ミリのガルバリウム鋼板を葺いた。

 今日で本屋の葺き替えがほぼ終わったので 明日は南側下屋の工事に取り掛かる。

 下屋の場合 本屋と異なり 鋼板を外壁の中にもぐりこませて立ち上げるため少々手間が掛かるらしい。
 

ブログランキング"banner_02.gif"


応援(クリック)してくださいね。
カテゴリの『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧を新設しました。ご利用ください。


posted by tosshy at 01:46| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。