2010年09月16日

鉄板を剥がすと・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日は下屋の工事だったので、2階の窓からその様子をじっくりと見ることが出来た。

        915-cutter.jpg

 まず この道具で鉄板と鉄板の繫ぎ目をカット。実によく切れる。

 壁際から30センチのところで鉄板を切り



        915-hasamu.jpg

 この道具で挟んで起こし


        915-hagasu.jpg

 3人がかりで 引っ張って剥がす。かなり重労働だ。


        915-bousui-deta.jpg 
 
 すると 鉄板の下から防水シートが現れる。


        915-bousui-hagasi.jpg

        915-nodiita.jpg


 防水シートを剥がすと 野地板が現れるわけだが、

 防水シートが釘で野地板に打ち付けられ 何箇所かボンドで貼り付けられていたため

 防水シートを引っ張ると 野地板(ベニヤ)がところどころ剥離してくる。

 日当たりが良い場所だし しばらく好天が続いているからか 野地板は乾燥しているが

 これでは全く使い物にならない。

 予定どおり野地板を全て撤去。



        915-kabegiwa.jpg

 野地板の下から 垂木が現れる。幸い垂木は全く傷んでいない。

 壁に差し込んだ鉄板を剥がそうとしている。



        915-tekkotu.jpg

 垂木や根太の下に この家を支えている躯体(鉄骨)が見える。

 鉄骨には全く錆びがない。やはり頑丈さが売りの家だ。

 根太は 鉄骨にボルトで固定されている。



        915-mizu-taru.jpg

 2階部分と1階部分の結合部分に水切りがあり 下屋の鉄板はその水切りの内側に差し込まれていた。

 水切りの下の壁面には防水シートが張られていた。

 この水切りがあったお陰で壁をカットする必要がなくなった。 

 つまり 作業が楽だしリスクも軽減するのだ。



        915-teppou.jpg

 野地板(コンパネ)を 鉄砲(職人さんはそう呼んでいた)で垂木に打ち付ける。

 5〜6センチの釘を圧縮空気で瞬時に打ち込む優れものだ。

 
 野地板を張りながら 別の職人がパラペットの解体を始めた。

 すると またもや不安が現実となった。
 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
『索引』は過去ログへの近道です。写真一覧もあります。ご利用ください。


posted by tosshy at 01:49| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。