2010年09月17日

これはひどい!


ブログランキング"banner_02.gif"


 裸のパラペット(手すり壁、胸壁)

        912-para-boro.jpg

 屋根の野地板もひどかったが パラペットはもっとひどかった。

 鉄板を剥がそうとすると 砕けた石膏ボードがガサガサと音を立てて崩れ落ちる。

 ここまでは想定内だったが 石膏ボードの中の木部(25ミリのコンパネ)が



        915-para-minami.jpg


        915-para-kita.jpg

 まるで 濡れたダンボール状態だ。ここまでひどいとは・・・。

 外から見ても傷み方がひどかった北側は覚悟していたが 日当りの良い南側までもとは驚きだ。

 ひょっとして構造的問題?

 因みに、このメーカーの屋根は 数年後からこのパラペットがなくなっている。

 もちろん すべて取り替えだ。

 しかし、これが簡単ではなかった。


        916-para-boruto.jpg


        916-sannda-.jpg

 ボルトが錆びていたため 電動工具を使ってもビクともしない。となると力ずくだ。

 サンダーで頭を切り落としてコンパネを取り外すしかない。

 パラペット(幅0.5メートル、長さ2.7メートル)の木部を1枚外すだけで15分も掛かった。

 すると 



        916-para-naka.jpg

 ようやくコンパネを固定していた金属が現れたので、それを利用して新しいコンパネを固定するわけだが、

 ボルトを通す穴を正確に開けなければならない。

 

        916--para-ita.jpg


        916-gennkann.jpg

 
 次々に新しいコンパネを張っていく。

 玄関の屋根も悲惨だった。

 コンパネ張りが終わると


        916para-bousui.jpg 

 防水シートを被せる。後はガルバリウム鋼板を葺くだけだ。

 今日で峠は越えた?
 

ブログランキング"banner_02.gif"



応援(クリック)してくださいね。
カテゴリ『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧を新設しました。ご利用ください。


posted by tosshy at 01:42| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。