2010年11月10日

『濡れ落ち葉』にはなりたくありません。


ブログランキング"banner_02.gif"

 

 雨が降ると何もすることがない。

 ないわけではないが 天気が悪いと気持ちが沈みテンションが上がらないのだ。

 今日もヨメは朝からお仕事に出かけていないし、

 意を決して 雨の合間に道路にたまった落ち葉を掃くことにした。

 何か形に残ることをしないと ヨメに『何もしないんだから・・・何かしなさい!』

 と責められるからだ。特にヨメが出かけたときはそうだ。

 しかし、考えが甘かった。 

 濡れた落ち葉は舗装道路にへばりついてなかなか離れないことを忘れていた。

 途中で止めるのはシャクなので最後までやり遂げたが 普段の3倍以上時間がかかった。


 『濡れ落ち葉』とはWikipediaによると 

   「払っても払ってもなかなか離れない」様子から転じて、主に定年退職後の夫が、

   特に趣味もないために、妻が出かけようとすると必ず「ワシも(付いて行く)」

   と言って、どこにでも付いて来る様子を指すようになった。

   「濡れ落ち葉症候群」とも言う。またそのような「妻にべったりの夫」

   そのものを指すこともある。後者の場合は「濡れ落ち葉族」と呼ばれることもある。

   命名者は評論家樋口恵子。

 だそうだ。嫌な言葉だが真理をついている。

 絶対そうはなりたくないねぇ!し、なるつもりはないが、

 腹が立つのは こうして濡れ落ち葉を苦労して掃いたとき

 頭ごなしに『馬鹿だね、どうして濡れているときしたの?!』と言われることだ。

 馬鹿となじる前になぜ『大変だったでしょう?』と言えないのか?


 幸い?今日は馬鹿呼ばわりされなかったが 労わりの言葉もなかった。

 また、流しをキレイにしておいたが 一言も感謝の言葉はなかった。

 まさか『私が(好きで)お仕事に出かけているのだから そのくらいやって当然』

 と考えているとは思わないが・・・。どうして素直にありがとうと言えないのだろう?

 
 


 黄金色の夕焼け

        1109-yuuyake-hasi.jpg


        1109-yuuyake-5.jpg


       1109-yuuyake-jyunnkou.jpg

 赤い夕焼けは見慣れているが このように空全体が黄金色に染まる夕焼けは珍しい。


 今日のガガイモ

        1109-gaga.jpg 

 これで限界か?

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。


posted by tosshy at 03:05| Comment(0) | 日記6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。