2010年12月27日

同じ札幌でも場所によって雪の降り方は全く違います。


ブログランキング"banner_02.gif"



 嬉しいことに 札幌市厚別区は今日も雪が降らなかった。

 なぜ わざわざ厚別区と書いたかと言うと 同じ札幌市内でも

 場所によって雪の降り方が全く違うからだ。

 テレビや新聞で報じている札幌は あくまで札幌管区気象台(札幌市中央区北2西18)

 のデーターに過ぎない。

 因みに同じ中央区でも中央区土木センター(北12西23)のデーターと比較すると

 年間総降雪量(平均)   気象台は約620センチ、土木センターは約410センチ

 12.26降雪量(平均)  気象台は 143センチ、土木センターは  83センチ  

 12.26降雪量(今冬)  気象台は  72センチ、土木センターは  65センチ

 12.26積 雪(平均)  気象台は  27センチ、土木センターは  21センチ

 12.26積 雪(今冬)  気象台は   9センチ、土木センターは   5センチ


 厚別区は、年間降雪量(平均)は約510センチ、12.26時点の平均降雪量は88センチ

 今冬は90センチ、12.26時点の平均積雪は31センチ、今冬は17センチ。

 なお 年間降雪量(平均)が最も少ない区(土木センター)は豊平区で約390センチ。

 気象台の僅か63%だ。


 場所によって数値が違うのは降雪量だけではない。気温だって中央区と郊外とでは6〜7度

 の違いはざらだ。 

 このように大きく数値が異なるのに 同じ札幌で引括るのはどうも解せない。
 

 ツルツル道路
 
        1226-turu-kawa.jpg


        1226-turuturu-2.jpg

 雪が降らないのは嬉しいが おかげで道路はカチンカチンでツルツル。

 でも この程度ならまだ良い方だ。



        1226-suberu.jpg

 人通りが多い駐車場は 表面に解けた水が浮いているからメチャクチャ滑りやすい。

 しかも 散歩のときはスパイク付の長靴だが 買い物のときはスパイクがない。

 それこそ 全神経を足元に集中させて歩く必要がある。

 特に高齢者にとっては命がけだ。

 それでも あなたは雪が好きですか?



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 01:42| Comment(0) | 日記6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。