2011年01月22日

ニセコの家がとんでもないことに・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 ニセコの隣人Mさんが 再び我が家の状況を写した写真を送ってきてくれた。


 こりゃあ大変だ!

        121-yane-yabai.jpg

 数日前の写真に比べ 屋根に積もった雪の量がめちゃくちゃ増えているではないか!

 ぶ厚い雪庇が軒先からかなりせり出しており 軒天の悲鳴が聞こえてきそうだ。

 また 電気と電話の引込み線もすっかり雪に埋もれており 切れる恐れがある。

 この写真を見て ヨメが

 「直ぐ行って下ろさないと家が潰れる」と騒ぎ始めた。

 直ぐと言われても 私は土曜に大学時代からの親友と10年ぶりに会う約束をしているし

 ヨメも土曜の夜 町内会の大事な集まりがある。

 だから ニセコに行けるのは早くて日曜日だ。

 しかも 行っても直ぐ落ちるわけではない。 

 家が冷え切っているので 家を暖め 強制的に天井裏に暖気を送るまで少なくとも2日はかかる。

 そして屋根の雪が落ち始めるまで1〜2日はかかりそうだ。

 するとヨメが 「今日、息子達にニセコに行かせ 家を暖めさせる」と言い出した。

 彼達だって都合があるだろうし むちゃくちゃな発想だ。

 
 そこで 屋根の雪下ろしの手配を頼んでいた管理会社に催促の電話を入れた。

 その結果 業者も大雪で忙しいらしいが 2,3日中には行ってくれることがわかった。

 しかし 電気と電話線が心配だったので そこの雪だけでも直ぐ取り除くよう頼んだ。


 数時間後 管理会社からメールが来た。
       


        121-yane.jpg


        121-yane-dennsenn.jpg

 早ければ今日の夕方、軒先の上の雪だけでも下ろしに行ってくれるらしい。

 また 一番心配だったと電話の引込み線の周りの雪を取り除いてくれていた。

 まずは一安心。

 我々が日曜(23日)行って落とす場合 落ち始めるのは早くても26,7日?

 約束どおり業者が実行してくれたら 23日には全て落ちる。

 しかも 人の手で少しずつ落とした方が 

 強制的に一気に落とすよりも屋根や建物への負担が遥かに小さい。

 ぶ厚い圧雪の塊が一気に屋根を滑り落ちるときの恐怖感は半端ではない。 

 これで息子達をニセコに行かせる必要はなくなったし 我々もニセコに行をパスできる。

 予定外の出費でヨメはおかんむりだが 今回は仕方がないと思う。

 たとえ 「ニセコの家はとんでもない金喰いだ」と罵られても・・・。

 気のせいか 管理会社が送ってくれた写真をよく見ると 軒先が少し撓んでいるような・・・。

 どうか 軒天が無事でありますように!



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:12| Comment(0) | 日記6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png