2011年03月16日

わずか21.8キロ


ブログランキング"banner_02.gif"



        315-nega.jpg


 北海道は唯一後志管内泊村に原子力発電所がある。

 以前からその存在が少しは気になっていたが 別に不安は感じていなかった。

 しかし、今回の東京電力福島第一原子力発電所の事故はショックだった。

 いわゆる絶対安全神話がもろくも崩れたからだ。

 福島で起こったことは泊でも起きる可能性がある。

 もし泊で事故が起きたら・・・我が家はどうなる?

 泊の原発はニセコの我が家の北西にあり 直線距離を測ったら21.8キロだった。

 今回の福島の事故に当てはめると ギリギリ「屋内退避」の距離だ。

 ヨメにそのことを話すと言下に

 「屋内退避?冗談じゃない。さっさと逃げ出すよ」

 と言われてしまった。

 簡単に「逃げる」とおっしゃるけど いったいどこへ逃げるの?

 とりあえず札幌?

 札幌の家だって泊りから79キロしか離れていない。

 もしチェルノブイリ級の事故だったら完全にアウトだ。

 でも やはり逃げるだろうな・・・。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 01:40| Comment(0) | 日記6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。