2006年06月18日

老々介護

  滑り止めkaidann-jinnkousiba.jpg

  我が家の補助階段
hojyokaidann.jpg 

 我が家の猫(ネコ)は14歳プラスα。犬(リキ)は10歳5ヶ月。
 

 ネコはすっかりやせ細り、足腰の衰えから高いところに自分では上がれなくなりました。しかも、ますます頑固で我侭になりました。
 
 リキは、満10歳すぎたころから急に後足が弱くなり、ちょっと長めに散歩すると脚を引きずります。今回ニセコに行ったとき、雨で濡れた階段で滑って転倒したため、その後、階段を昇りたがらなくなりました。段差が大きかったり、何段もある階段は、一段ずつ昇る自信がないらしく、一気に駆け上ろうとするため滑りやすくなります。なお、坂道はまだ大丈夫です。
 
 ニセコの家の場合、土台が2メートルと高く、屋内に入れるときはどうしても階段を昇らせる必要があるので、仕方なく人工芝を使って階段に滑り止めを施しました。また、S市の家のテラスの段差も嫌うようになったので、急遽リキ用の補助ステップを作りました。
 ただ、リキは食欲だけは旺盛です。今後、リキが自分で階段を昇れなくなったらどうしよう?我々老人では、35キロもあるデブ犬はとても抱えて上がれそうもありません。


posted by tosshy at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。