2011年05月31日

夢と現実


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山

        530-youtei.jpg

 いつもデッキから写しているが 山の手前の樹林が夕日に映えてとてもきれいだったので

 久しぶりにデッキの屋根に登った。

 僅か3m高くなるだけだが 見え方が全く違う。

 やはり高いところからの眺めは素晴らしい。


 2階だといつもこの絶景が眺められる。

 この家も築13年になるのでそろそろ建て直すか。

 もちろん 3mの積雪でもビクともしない頑丈な家に。

 そうすれば 冬 いくら雪が降っても屋根の心配をしなくても済む。


 ッてなことを簡単に言ってみたいのだが、夢のまた夢。

 現実は 毎年春になると 冬期間に壊れたところを業者に頼まず自分でチマチマ直している。

 今日も 北側階段の修理に取り掛かった。

 雪の重みで一部が5センチほど沈んだ踊り場の嵩上げだ。

 方法は 昨年 南側階段の踊り場を直したときと同じ。
     


         530-katawaku.jpg

 まず 柱を支えている束石を取り込む形で新しい基礎を作る。

 型枠ができたら




         530-konnku.jpg

 自分で捏ねたコンクリートを流し込む。

 コンクリートは4箇所で合計60L必要だった。

 今日の作業はここまで。所要時間は午前中3時間、午後2時間合計5時間。

 4,5日でコンクリートが固まるので 

 柱を角材で補強し その角材で踊り場を下から支える。

 これで万全という計算だ。


 去年同様指導してくれているYさんによれば 

 「この踊り場は横から釘で柱に打ち付けただけだ。どうして下から支えないのか理解に苦しむ」とのこと。

 言われてみればそうだ。素人が考えても下から支えるべきだと分る。

 これまで13年間壊れなかったのが不思議だ。


 こうして今日の作業は順調かつ無事に終わったが 

 我々が作業に没頭している間に モモがとんでもないことをしでかしていた。 

  

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 01:13| Comment(0) | 日記6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。