2006年07月15日

どっちを選ぶ?

 開けた林

yanekara-3.jpg

 手付かずの林

yanekara-2.jpg


 今回アップした写真は、2枚とも我が家の屋根から写した林の状況です。
 その違いがお分かりでしょうか?

 一枚目はお隣の敷地で、熊笹をきれいに刈っています。
 
 二枚目は我が家の敷地で、熊笹を一切刈っていません。

 熊笹を刈ると、明るく開けた感じがしますし、林の中を自由に散策できます。やがて蕨も出てきます。

 熊笹を刈らないと、鬱蒼とした感じで、とても林の中には入れません。ただ、部屋の中から林を眺めたときは、手を加えていない自然のままの林の方が趣があるように感じます。(6月23日と6月25日にアップした写真をご覧ください)

 お隣さんは、大きい樹木のみ残して一面芝生を張った庭をイメージされており、鬱蒼とした私の笹薮が気になるらしく、お会いする度に、「笹を刈るなら手伝いますよ」と、仰います。
 しかし、私は、これからもできるだけ笹薮は刈らないつもりです。


 よろしければ、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。
 


posted by tosshy at 15:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの〜〜,あんまり違いがわからないんですけど。

ところで,イナバウアーが完売でとれなかった(涙)と旦那に言ったところ,
「じゃ,イナバでも見に行けば?」といわれました。全然違うんじゃーーー!
ちなみにイナバとは,日ハムのイナバのことです。
Posted by 長女 at 2006年07月15日 17:12
 違いが分らなかったとは残念。
 いずれ、改めてサルでも分かる写真をアップします。
Posted by 鬼嫁の夫 at 2006年07月15日 17:23
私も笹を刈らないほうがいいですなー。
やっぱり笹をかき分け、かき分けタケノコを探すのが、おもしろいですもん。
すみません、全てタケノコ目線です。
Posted by 自称・次女 at 2006年07月19日 12:55
 でしょう!
 ただ、将来的には、敷地内に散歩道を整備したいと考えていますので、その部分だけは刈らざるを得ないかもしれません。もちろんタケノコ畑は絶対手をつけません。
Posted by 鬼嫁の夫 at 2006年07月19日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。