2006年07月19日

鳥を写したい!

 ニセコの庭に来た鳥

tori-3.jpg

niwanotori.jpg

niwanotori-2.jpg

tori-2.jpg

hiyodori.jpg


 花に比べると鳥の写真はとても難しい。

 鳴き声は聞こえてもなかなか姿を見せてくれない。

 やっと見つけたとしても遠過ぎたり、空が背景にあること(逆光)が多い。しかも、小鳥ほどチョロチョロ動き回る。

 鳥を写すには、まず、鳥を見つける目を鍛えなければならない。次に、かなりの望遠レンズ(フィルムカメラ換算で、最低1000ミリ)が必要である。

 残念ながら私が持っているデジカメは光学10倍なので、今回アップした写真が限界かもしれない。

 一眼レフのデジカメが欲しいが、所詮高嶺の花である。

 もし、小遣いを貯めて30万円のカメラを買うとすれば、毎月その半分(10000*0.5=5000)を貯めたとしても60ヶ月、そう、5年先になる。

 しかも、オニヨメに「また使いもしない高いおもちゃを買って...」と言われるのがオチだ。

 確かに私は道具から入るタイプで、道具を手に入れた途端、何かを成し遂げたような錯覚に陥るところがある。

 まあ、私の腕なら今のカメラで十分かもしれない。


 よろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。

 


 


posted by tosshy at 01:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
欲しければ買いなさい!!残り少ない人生やりたいことをやってください。
記事の最後に
「まあ、私の腕なら今のカメラで十分かもしれない。」を書いている時点で、買うことを放棄しています。鬼嫁は今までラケットを何本購入していますか?何リットルガソリンをばら撒いてテニスに行っていますか??
私のコメントに返信する暇があるのなら、すぐに比較ドットコム→ヨドバシカメラのゴールデンコースに出かけましょう。ほら、早く!!
Posted by Second son at 2006年07月19日 20:56
 常日頃「我慢、辛抱こそ身上」と標榜している私ですが、実は、大変な無駄遣い人間です。
 だって、くり返し鬼嫁に言われているとおり、ニセコにあのような投資をしたのだから...。
 本当に欲しくなったら迷わず買いますので、どうかご心配なく。私だって、残り少ない(とは思っていません)人生を楽しみたいですから。
 今一番欲しいのは、何よりも「フィットする入れ歯」です。
Posted by 鬼嫁の夫 at 2006年07月19日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。