2011年11月07日

それでも大根を干す。


ブログランキング"banner_02.gif"



 

        
1105-ichou-2.jpg 


        1105-chokusenn.jpg

 車を約40分走らせヨメのお仕事仲間Cさん方に行った。

 Cさんは退職後隣町に広い土地を購入し ご夫婦で趣味の野菜作りをされている。

 で 今年も漬物用の大根をいただくことに。




        1106-daikonn.jpg 


 ヴァンガードのトランク一杯大根を詰め込んで帰ったが

 その後が大変。

 1本ずつ丁寧に洗い


        1106-daikonn-hosu.jpg

 とりあえず東京タクアン(と勝手に呼んでいる少し甘い漬け方)用に30本干した。

 去年までは 葉を落とし 横に並べてロープで縛り 梯子のように干していたが。

 手間がかかるし重いので 

 今年は葉を10センチほど残した大根を2本ずつ縛り 縦向きに吊るした。

 干すときの大根の向きや葉のあるなしで味に違いがでるかどうか 少々興味がある。


 東京タクワン以外に2種類の漬物を漬けるので 

 他の大根は皮を剥いて干す予定。

 なお 余った大根を約20本越冬用に土の中に埋めておいた。 


 と 毎年この時期に行っている冬の準備を書いてきたが

 実は 2,3年前から大根を干すとき心のどこかに言い知れぬ空しさを感じている。

 
 折角の美味しい沢庵をバリバリ食べられないからだ。

 義歯にとってタクワンはかなりハードなので

 紙のように薄くスライスしたり みじん切り?状態にして食べるしかない。

 分るかなア? この気持ち・・・。

 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 01:03| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。