2011年12月30日

雪との闘い2011in niseko・・・その1


ブログランキング"banner_02.gif"



 今朝の羊蹄山

1229-youtei.jpg

 居間から見たところ。デッキの屋根の雪が落ちたら見えなくなる。



 我が家は本屋屋根の背骨部分が南北方向なので

 屋根の雪は 南東側と北西側に落ちる。




1229-nanntou.jpg

 南東側の屋根の下は 取り付け道路の延長線上にあるため

 管理会社が絶えず除雪してくれているが



1229-kita.jpg

 北西側の屋根の下は除雪してくれていないため

 すでに2m近く雪が積もっている。

 もしこのまま一度に屋根の雪が落ちたら

 雪が落ちきらず 屋根の軒が折れたり はねた雪(氷)が壁に穴を開ける危険がある。

 実際にその事故が起きた時の様子は 当ブログの雪の国からシリーズ・・・11,12に書いた。


 その11

  http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/article/31336463.html


 その12

  http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/article/31385195.html


 想像を絶する?事故だったので是非ご覧いただきたい。


 早速 管理会社に電話し事情を説明した。すると

 30分もしないうちに ブルがやってきて 北西側屋根の下の除雪をしてくれた。

 年末の忙しい時期にも係わらず迅速な対応をしてくれた管理会社に感謝。

 我々としたら地面が見えるほど掘り下げて欲しいところだが 

 現在は地面から7,80センチの厚さの圧雪がある。

 重い機械で作業するため仕方がないらしい。

 これで安心して屋根の雪を落とすことができる。

 我が家独特?の雪落とし方法については順次報告する。


 本屋の屋根の雪落としの目処は立ったが 問題はデッキの屋根の雪だ。

 ここだけはどうしても屋根に上らざるを得ない。

 金さえ出せば業者が本屋とデッキ両方の屋根の雪を落としてくれるのだが

 体年齢51歳の私にそのような甘えは許されない。

      (続く)

 補遺



 1228-yuki-cut.jpg

 電気と電話の引込み線の支柱に絡み付いていた雪は

 昨夜のうちに梯子を架けて下から突っついておとした。 

 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 01:32| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。