2006年10月16日

束の間の夢

  ZZZ....

tuka-yume.jpg 


 先日、全国ネットの某テレビ局系の制作会社から取材の打診があった。

 どうやらこのブログのメインテーマ(オニヨメ)が、ADさんの目に止まったらしい。
 10分程度の枠の中で、「オニヨメ実は家族思いの・・・ほのぼのとした家族愛」をテーマにした作品をつくりたい」とのこと。しかも、日曜夜10時からの時間帯の番組だ。

 緊急家族会議?を開いた結果、オニヨメは若干難色を示していたが、子供たちから「お父さんきっと刺激になるよ。受けなさい。」と後押しされて取材を受けることにした。

 しかし、それからが大変!!

 私は普段のままでいいと思っていたが、オニヨメはそうは行かないらしく、「さあ掃除だ!洋服だ!カットにも行かなくっちゃ。あなたも早く散髪に行きなさいよ!そうだリキ(愛犬)も洗わないと・・・。」と、すっかりテンションが高くなった。

 と同時に、「きっと私だと分かるよね。皆に私の事がばれてしまう。ああどうしよう。恥ずかしいは・・・」とかなり心が揺れていた。

 もちろん私も、「周囲の人から注目されるだろうな。昔の友人、知人から連絡が来るかもしれないな」などと、放映後起こるであろう反応を思い描き妄想を逞しくしていた。

 ところが、二日後、ADから「北海道まで取材に行く費用が出ない」と断りのメールが届き、我が家を挙げての夢物語は僅か数日で儚く消えてしまった。

 残念!ではあるが、ほっとしたのも事実である。・・・矢張り残念か。

 そして昨日、その番組を見た。もちろん私に打診があったオニヨメテーマではないが、制作意図などは良く分かった。

 オニヨメは「ああよかった。大変なことになるところだった。アハハ」と高笑いしていたが、我オニヨメを全国区デビューさせられかったことが残念でならない。

もしよろしければ、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。


 


posted by tosshy at 13:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は私も密かに楽しみにしてたんですが・・・
そんな結果になったんですか。
とても残念です。
しかし、誰が見てるかわからないものですね。
いずれは映画化とかドラマ化になったらおもしろいのに。
Posted by 自称・次女 at 2006年10月17日 11:45
 ココだけの話ですが、再現ビデオのシナリオまで考えていました。
 キャスト   田中邦衛と竹下景子
 音楽     さだまさし(北の国から)
予算上絶対無理でしょうが...。   
Posted by オニヨメの夫 at 2006年10月17日 13:13
煩わしい事には、あまり関わらないのがベスト。
シンプルな生活が、一番だと考えて、います。
TVは色々と複雑のようで、取材者のみを信じていると、とんでもない方向で、放送されてしまうこともあるのです。
Posted by tukinowaguma at 2006年10月17日 22:42
 ご忠告有難うございました。年甲斐もなく少々舞い上がっていた自分を恥じていますが、ある意味で刺激があったことは否めません。
Posted by オニヨメの夫 at 2006年10月17日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。