2012年03月20日

とっておきの台詞


ブログランキング"banner_02.gif"



 このところ 毎日のようにリフォーム業者のチラシが入る。

 『屋根を塗装をしろ』『サイディングしろ』・・・。

 その言外にあるのは 『お前の家はボロだ。かなりヘタっているぞ』だ。

 自分でも分っていることだが 他人から言われると面白くない。

 そして数日後 『◎◎ですが チラシをご覧になりましたか?』と電話がかかってくるので

 『見ないでゴミ箱に捨てた』と答えることにしている。

 しかし 相手も仕事だ。

 『はい 分りました』とは絶対言わず 一方的にしゃべり始めるので

 間合いを見計らって

 『家の処分を考えているので リフォームをするつもりはない』と言って電話を切る。

 ところが 時には家を売ってくれという不動産屋がいるので要注意。


 しつこい勧誘はリフォーム業者や不動産屋だけではない。

 新聞販売店、インターネット関係、宗教関係、保険会社、貴金属買取、冠婚葬祭互助会等など。

 暇な時は適当に相手をしてお引取り願っているが 忙しい時はしつこくされると腹が立つ。

 先日来た冠婚葬祭の互助会のセールス(女性)がそうだった。

 『葬式のことはまだ考えていません』と伝えても

 『不幸は突然やってきます。不意の出費は大変です。日ごろから備えていれば安心云々』

 と食い下がってきた。そんなことぐらい言われなくても分っているワイ。

 雪かきの途中だったし 少々腹が立ったので 

 対互助会のとっておきの台詞をやんわりとぶっつけた。

 『どうかご心配なく。葬儀を出すくらいの蓄えは十分ありますから』

 効果覿面。 

 職務熱心だったセールスレディーは『失礼しました』と言い残して立ち去った。


 家が古くなるとリフォーム業者や不動産屋がやってくるし

 人間が古くなると 冠婚葬祭互助会がやってくる。

 年は取りたくないねぇ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 02:22| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。