2006年11月15日

大丈夫?

 誰かに似てない?ほら、テニスラケットを持たせたら...
tai-oni.jpg 


 初めての海外旅行まであと3週間とちょっと...。

 そのセイか何となく落ち着かない。何とかなるさと高をくくっていたが、その日が近づくにつれて不安が大きくなってきた。
  
 パスポートと航空券は手元にある。
 キャリングケースなどあらかじめ準備すべきものは揃えてきた。
 残るはデジカメとビデオのみ。機種はほぼ決まった。問題はどこで買うかだ。

 どうやら不安の原因はメンタル面らしい。考え始めたらきりがない。

 出国手続き、ソウルでの乗り換え、タイへの入国手続き...。
 無事入国できたとしてもその先のことは全く予測できない。ガイドブックを読めば「トラブル例」の活字ばかりが飛び込んできて、不安を増幅する。

 今回は初めてだし、日程(8泊10日)の都合もあり、バンコクと東北部に絞ってプランを立てた(...のではなく、バンコクにいる次男に立ててもらった)。従って、有名なプーケットなど南部は次回にとっておいた。

 最近次男から来たメールによれば、タイ国内の全行程に日本語ができるガイドを付けてくれるとのこと。
 あまりにオロオロしている我々を心配したらしい。情けない話だがこれでかなり心が軽くなった。まさにプライベートツアーだ!

 よろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。

訂正
次男から、「タイ東北部ではなく、タイ北部だ。ちゃんと地図を見ろ」と叱られましたので訂正します。
 



posted by tosshy at 12:46| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しみに拝見してます。ご夫婦仲がよろしいのですね。奥様のことを題名になさるなんて
うらやましいです。タイ旅行楽しみですね。
一度行ったことありますが、エキゾチックで
いい所だと思います。
Posted by ペコリン at 2006年11月15日 22:22
 コメントどうもありがとうございました。
 たった一度の人生、しかも段々残りが少なくなってきました。悔いの残らないよう楽しみたいと心がけています。
 これからも時々お立ち寄りください。
Posted by オニヨメの夫 at 2006年11月15日 23:29
ダサすぎます。
日本語ガイドだなんて・・・。

まぁ、ビビリのあなた方には丁度良いと思いますが。
ただね、鬼ヨメさんにしっかり理解させましょう。これからいくところは、
「西コードam」
でも
「南幌体育館pm」
じゃない。

間違いなく海外だ。
場合によっては、殺される。

だから、遺書を書いてね。

「遺産は全部」長男と。
Posted by 余裕の渡米超兄 at 2006年11月15日 23:56
 書くとしても、遺書ではなく遺言です。
 だって、自殺するわけじゃないから・・・。
Posted by 馬鹿息子の父 at 2006年11月16日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。