2006年11月26日

雪の国から...その2

  雪大好き!だよね...。
riki-yuki.jpg 

 1997年9月、ひょんな事からニセコに土地を購入しました。その経緯は、当ブログの5月24日に詳しく書きましたのでご覧ください。

 そして、翌1998年5月に着工し、同年9月に引渡しを受けました。もちろん、その間、毎週のように札幌からニセコに通いました。

 別荘=ログハウスというイメージがあります。私は予算とメンテナンスなどを考えログハウスにはしませんでしたが、お洒落でモダンな別荘が完成しました。しかも、想像以上の出来ばえに家族全員大満足でした。

 ところが、それから二ヵ月後いきなり先制パンチを喰らいました。

 11月中旬、2週間ぶりに行くと全く水道とお湯が出ないのです。前回帰る時、業者から言われたとおりに水を落としたのですが、不十分だったらしく、蛇口部分にわずかに水が残り、それが凍結した事が分かりました。

 そのときは大事には至りませんでしたが、12月初め、施工業者から、「気になって様子を見に行ったら、床が水浸しになっていた。水道管が破裂したらしい」と緊急電話が入りました。

 業者によると、「天井裏を通って台所に通じる温水管の、空気抜き弁の不具合があり、落ちきらなかった水が天井裏で凍結して管に穴があいていた」そうです。
 そのため、天井、壁、床がびしょぬれになりました。新築間もないのに...。OH MY GOD!

 それだけではありません、浴槽用の蛇口が凍結して破裂し、大量の水が垂れ流しになっていたのです。後日、管理会社からきた水道代の請求書を見てびっくり、なんと、70トンも流れていたことが分かりました。

 業者が必死に修復作業をしたらしく、クリスマスに行ったときは何事もなかったようにキレイになっていました。

 このときのトラブルは雪とは関係ありませんが、水道管の凍結問題は北国の宿命です。私が特に注意しているのは次の点です。

 水を完全に抜く為、蛇口とドレーンを開けますが、配管が長い場合落ちきるまでに時間がかかりますので、そのまま30分くらい放置する必要があります。
 その後、乾いた布で蛇口とドレーンの水分をしっかりふき取って蛇口とドレーンを閉めます。もし閉め忘れると、万一少しでも水が残っていた場合、それが凍り、通水時に蛇口やドレーンが閉まらず大変な事になります。

 また、浴室などがタイルの場合、しっかりと水分を拭き取っておかないと、厳冬期にはそれが凍り付いてタイルを傷めます。ですから、私は冬に退去するときは、退去当日は風呂に入りません。前の晩に風呂のお湯を落とし、床暖(設計士の提案で浴室にも床暖を設置しました。大正解でした)でしっかり浴室を乾燥させるようにしています。

 いきなりの水漏れ事故に懲りて、早速チェックリスト方式の「退去時の水抜きマニュアル」作りました。

 しかし、その後とんでもないアクシデントに見舞われました。

                        (続く)

 よろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。



 


 


posted by tosshy at 15:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
庶民が別荘など持つものではないと
神様がお告げしたのでしょうかね?

さすがに数々のトラブルに見舞われると
さすがのニセコマスターの語学力も落ちるんでしょうね?

Oh, My God !
Posted by 風邪ひき長女 at 2006年11月26日 17:13
 確かに庶民が別荘を持つのは大変です。私がこうして書いている苦労話は全て金で解決できることですし...。
 GOTは語学力の低下ではなくケアレスミスです。早速訂正しました。TENーANTS
Posted by オニヨメの夫 at 2006年11月26日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。