2006年12月26日

タイ旅行  その9...象トレッキング

12月14日(4日目)

 今日の予定は、象に乗ってのトレッキングと筏下り。その後がお目当てのカレン族(首長族)集落の見学。

 シェラトン・チェンマイホテルの24階からの眺め。期待して早く起きたが若干靄がかかっていたためイマイチ。
14-24kaika.jpg


 今朝も食欲なし。残念だが仕方がない。
14-asame.jpg


 チェンマイからチャーター車で北に向かって出発。道は整備されているが、運ちゃんが80キロ以上でビュンビュン飛ばすのでかなり揺れる。驚いた事に、我々の車を追い越していく車が後を絶たない。ここは高速か?
 タイでも一応速度制限はあるらしいが、各自が安全と判断するマックスで走っているようだ。

 約1時間後、象のトレーニングセンターに到着。

 生まれて初めて象に乗った!車に比べて視線が高いため眺めがよい。象が歩くと上下、左右に大きく揺れるが、象との一体感が感じられて心地よい。
14-zou-not.jpg

 何頭もの象が隊列を作ってゆっくりと進む。壮観だ!
14-zou-tore.jpg

 川の中も平気で進む。坂を上ったり下ったりするときは結構スリルがある。特に下るときは、手すりを持っていないと前に落ちそうになる。
14-zou-ka.jpg

 途中何箇所か櫓があり、象はそこでバナナをもらう。その都度客は20バーツ払うことになる。断ってもいいらしいが、その前に象が食べてしまうため払わざるを得ない気持ちになる。結局60バーツ払った。
14-zou-bana.jpg


 ガイドから一周約1時間と聞いていたが、40分くらい経ったとき、小さな集落で全員が象から下ろされた。

 こんなところで何故?ココからどうやって出発点に戻るのか?
 何とかしなければ...。歩いて行けというのか?まさか!
14-zou-orosa.jpg


 そのとき、オニヨメが「ホラ、あそこに牛車が沢山あるよ。あれに乗って行くんじゃない?そうだよ。きっと」と言う。
 「そうかなあ。ガイドは牛車の事は何も言っていなかったよ。第一行き先が分からないでしょう」
 「大丈夫だ。乗れば何とかなるさ。歩くよりはましだ」
14-zou-gyuu.jpg

 かくして行き先のわからないまま牛車に乗った。他の人も次々に乗っているし大丈夫だろう...。
14-kaeri-gyuu.jpg

 のどかな農村風景をのんびりと進むこと約15分、やっと出発点に戻る事ができた。
14-nodo.jpg

 その後、象のアトラクションを見物。
14-zou-oeka.jpg


                     (続く)


posted by tosshy at 22:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぞういいね!

明日PCもって帰るわ。晩ご飯よろしく。
でも、夜遅いです。
Posted by 動物愛護推進DJ at 2006年12月27日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。