2012年12月30日

まずは水周りの安全確認を


ブログランキング"banner_02.gif"



 冬ニセコに行った際最初にしなければならないことは水周りの安全確認だ。

 前回(11月26日)ニセコを離れる時入念に水落とし作業をしたので大丈夫

 と思いつつも 何度も失敗しているとどうしても不安が過ぎる。

 @ 最初に独立水系のトイレの点検。

   便座は通電したままだし

   便器の中にウオッシャー液を入れておいたので全く凍っていなかった。

   止水栓を開くと勢いよく水が流れ始めた。トイレ良し!

 A 次は台所の点検。

   ここも水は独立水系で 止水栓を開くと蛇口から勢いよく水が出た。

   しかし シンクの排水口が凍結しているらしく水が流れない。

   そこにもウオッシャー液を入れておいたのだが・・・。




1228-sennzai.jpg

 流しの上においていた洗剤も凍っていたのでシンクの排水口が凍っても不思議ではない。

 B 最後はメインの水系の点検。

   元栓を開くとボイラーの水圧が正常値に上がったので運転開始。

   ところが 台所の蛇口をひねっても全くお湯が出ない。

   洗面所と浴室は 蛇口が凍りついたらしくひねろうとしてもびくともしない。

   さて困った。

  仕方がないので タオルを被せた蛇口にお湯をかけて様子を見た。

  すると 10分足らずで蛇口が開くようになり お湯が出始めた。

  しかし 浴室の排水口もウオッシャー液が凍ったらしく水が流れない。

  大量のお湯を注ぎ緩んだ中蓋を取り出すと




1228-touketu.jpg

 パイプとキャップの間の水が凍っていたのだ。

 流しのシンクも全く同じ症状で お湯を注いだことで流れ始めたが

 肝心のお湯が出てこない。

 ボイラーから一番遠いし 水を落としたつもりでもどこかに残っていたらしい。

 こうなったら気長に待つしかない。

 ただ 残った水が凍っているだけならいいが 途中で管を損傷していたら一大事だ。

 約3時間後 ようやく台所の蛇口からもお湯が出るようになった。

 管の損傷もなかったようだ。

 幸い今回は 水周りに関しては小さなトラブルだけで済んだ。


 水周りの確認が無事終わったので屋根の雪下ろし作業に取り掛かった。

 作業と言ってもやるべきことは簡単。



1229-kyuuhaiki.jpg

 天井裏に強制的に暖気を送るファン(送風×B、吸気1)のスイッチを入れるだけだ。

 午後11時、天井付近の温度が−5.5度から27度に、

 天井裏の温度が−7.4度から−1.8度まで上昇したのでファンのスイッチを入れた。

 朝方には天井裏の温度が10度くらいにはなっているはず。

 で8時過ぎに起きると 



1229-dakuto.jpg

 ヨメが天井裏に上る階段を下ろしていた。

 階段の収納口を開けることで天井裏の温度上昇が加速するからだ。

 天井裏の温度はすでに12度を超えていた。

 天井裏の温度が10度以上になると 




1229-jyosituki.jpg


 天井裏に設置している除湿機を作動させなければならない。

 結露を防ぐためだ。

 

 今日の羊蹄山 

1229-youtei.jpg


1229-youtei-2.jpg


 今日は快晴。 屋根の雪を落とすには最高?

 ただ 天気は好いが気温が少々低い。

 12時近くなっても−4度から上がらない。

 しかし




1229-yane-d.jpg

 デッキの屋根の雪が滑り始めたではないか。

 ひょっとしたら 本屋の屋根より早く落ちるかも?
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 00:41| Comment(2) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかとっても大変ですね…。
だけどすごくきれいな景色。
こんな景色を見てすごせたら…心が温かくなりそう。
Posted by memomemo at 2012年12月31日 01:01
memomemo 様

 見るだけなら良いけど 暮らすとなるとねぇ・・・。
Posted by オニヨメの夫 at 2012年12月31日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。