2007年03月07日

雪の国から...その26

 当ブログ「雪の国から...その16〜25」(2/25〜3/4)に書いたように、2005年の冬に自信を持って実行した一大プロジェクトは、残念ながら失敗に終わりました。

 しかし、そこで諦めたらそれまでの苦労が水泡に帰してしまいます。
 何か良い方法はないか?その後も屋根の雪を簡単に落とす方法をいろいろ考えました。

 屋根の勾配を大きくすることはできない。屋根の滑りを良くすることもできない。屋根に上っての雪下ろしはそろそろキツイ。
 しかし、天井裏をちゃんと暖めることができれば、今の屋根でも間違いなく雪は落ちる。

 そこで、これまで何度か試してきた屋根裏を暖める方法の問題点(能率の悪さ)を検討した結果、天井部のできるだけ高い部分に換気ファンを取り付け、高所の暖気を強制的に天井裏に送ることを考えました。

 早速、建築士と業者に相談しましたが、返事は「どれだけ効果があるか疑問」でした。

 しかし、他に良いアイデアが浮かびませんでしたので、ダメモトでいいからと、強引に工事を依頼しました。

 結局、排気ファンを3個、吸気ファンを1個取り付けることにしました。全部排気にしなかったのは、天井裏と部屋の気圧を調節する為です。上部にあるのが排気ファンです。

     1-2-fan.jpg

     1-3-fan.jpg


 また、業者の提案で、排気ファンの先に口径150ミリの蛇腹を取り付けて、軒先部分まで暖気が行き渡るようにしました。

     000-dakuto.jpg


 この作戦の結果は当ブログ「雪の国から...その15」(2/13)に書いたとおり大成功です。

 当初の計画では、屋根裏に上る階段口を閉じたままで送風する予定でしたが、開けておいたほうが能率が良いことが分かりましたので、開けたまま送風しました。

     001-kaidann-neko.jpg
                    (再掲)

 また、150ミリの蛇腹用としては最大の換気ファンを使いましたが、蛇腹とファンをもっと大きくすれば、さらに能率が上がったと思いました。
 ただ、そうすると値段が相当高くなるらしいので仕方がありません。

 なお、今回のおもちゃは15万円です。
 しかし、このように無駄にならなかったし、来年以降も使えますので..ヨメには叱られませんでした。

 「雪の国から」シリーズは今回で一応終わりです。

 しかし、私の理想は、定住していなくても、どんなに寒くても屋根の雪が自然に?落ちることです。ですから、これからも理想の実現を目指して雪との闘いが続きます。
 いずれ近い将来、「新・雪の国から」シリーズをお送りする事になると思います。

 よろしかったらクリック願います。


ブログランキング"banner_02.gif"






 

 


posted by tosshy at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png