2014年03月13日

大ピンチだったが・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 約1ヶ月ぶりに二セコへ。


312-yo-na.jpg


312-yo-ki.jpg


312-yo-ma.jpg


 ところが、いざ家に入ろうとしたら鍵がない!どうやら札幌に忘れて来たらしい。

 約105キロ離れた札幌まで戻るのはちょっと厳しい。

 やむなく約30キロ離れた隣町で働いている次男にメールで救援を求めた。

 次男も二セコの家の鍵を持っているからだ。

 しかし勤務中のためまったく返事がない。

 直接次男の職場に行きたいところだが、次男がそれを嫌がるので無理。

 仕方がないので次男の勤務が終わるまで約3時間どこかで時間を潰すことにした。

 で、5時半過ぎようやく次男から『鍵は家の○○にある』と連絡がきた。

 何のことはない、待ち焦がれていた鍵は家の秘密の隠し場所?にあった。

 鍵を忘れたのは二セコに居を構えて15年になるが今回が初めてだ。


312-youtei.jpg


 明日は久しぶりにベトナム料理が食べられる。

 V娘たちが『chanh ca』とやらを作ってくれるらしい。



ブログランキング"banner_02.gif"



応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  



posted by tosshy at 01:11| Comment(2) | 日記10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の文章は、読者に誤解を与えますので補足します。

14:20 貴台から着信
14:25 貴台から「鍵を忘れた」とのメール
14:38 小生より、貴台より指示されていた鍵の置き場所をメール
17:34 貴台へ電話

小生はメールにて、貴台から指示された鍵の場所を伝えてあります。

全く返事がないわけではありません。

鍵を忘れたことより、鍵の置き場所を指示した事を忘れたことが問題だと思います。

コメントへの返信は、不要です。
Posted by 次男 at 2014年03月13日 19:06
 迅速に対応していただいていた由赤面の至りです。大変申し訳ありませんでした。

 着信メールの「家族」欄を開かなかったため、貴兄からの着信の確認が遅れてしまいました。

 また、貴兄に鍵の置き場所を指示したことはすっかり失念していました。

 今回のトラブルの原因は全て私にあります。しかも、一般読者の誤解を招くような記述をしてしまい、重ね重ね申し訳ありませんでした。高齢者ゆえの失敗とお許しいただければ幸いです。

 と同時に、少々オーバーな表現をすれば、かかる場合に迅速・適切な対応をしてくれた我が息子に安堵しました。

 コメントへの返信は不要との事でしたが、貴兄の名誉回復のためあえて筆を執った次第です。
Posted by オニヨメの夫 at 2014年03月14日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。