2014年07月27日

やはり羊頭狗肉の国だった。


ブログランキング"banner_02.gif"



 これまで食品を買うときは必ず原産国を確認していた。

 もし、『中国』と表記されていたら絶対買わなかった。

 ところが、最近中国で起きた腐肉騒動で

 表示に抜け穴、落とし穴があることが分り愕然。

 特に加工食品は原産国が巧妙にカモフラージュされるらしい。

 また、外食産業ではその表示が義務付けられていないらしく、

 知らず知らずのうちに『隠れ中国産』を食べている可能性がある。

 実に恐ろしい話だ。

 たとえ食べたとしても直ちに命に関わるとは思えないが、

 不愉快だし、腹立たしい。

 今やわが国の食糧依存度は、中国がアメリカに次いで二番目だとか。

 しかしこれでいいのか?

 たとえまずくても安全ならまだ許せる。買う買わないは消費者の判断だ。

 ところが、まずい上に危険となると論外だ。

 日本国民が経済性のみを追い求めてきた代償はあまりにも大きい。

 今後、些かでも中国と関わりのある食品は全て輸入禁止にしてほしい。

 もちろん実現不可能だとは分っているが・・・。


 

ブログランキング"banner_02.gif"



応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  



posted by tosshy at 02:01| Comment(0) | 日記10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。