2016年05月22日

やはり美しい!


ブログランキング"banner_02.gif"



521-yo-de-3.jpg


521-yo-up.jpg


521-hinanngoya.jpg


521-yo-yane-2.jpg


 今日は羊蹄山がくっきり見えた。

 これほどきれいに見えるの年に数回しかない。

 避難小屋の周囲の雪もすっかり消えていた。

 最後の写真は屋根からの眺め。

 いつもデッキから写しているが、

 視点が少し高くなるだけで広がりと奥行きを感じる。






ブログランキング"banner_02.gif"



応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  

posted by tosshy at 00:51| Comment(6) | 日記12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが蝦夷富士・羊蹄山、青空と手前の新緑に残雪が映えて美しいの一言です。避難小屋の下の雪形が、チューリップの花のようで面白いですね。日本各地で、山の雪形を見て、苗を植える時期を決めていたようですが、羊蹄山の雪形も農作業の目印にされていたのでしょうか。4月27日、桜の蕾も堅い洞爺湖から眺めた際は、まだ冬山のようだったのが、春が大分進んだことを感じさせますね。
Posted by じいじ at 2016年05月22日 08:43
避難小屋の下のチューリップに気づいていただけましたか。感激です。我が家の後方の山ワイスホルンは雪解けが進むにつれて馬の形が現れます。近日お届けできると思います。
Posted by オニヨメの夫 at 2016年05月22日 17:25
いつも素敵な写真、ありがとうございます。
昨年夏、横浜からニセコに旅し、妻は大ファン
になってしまいました。今年も伺いたいと
思っております。羊蹄山ですが年に数回しか
その美しさは拝めないのでしょうか?
Posted by sena at 2016年05月24日 17:54
sena 様

 コメントありがとうございました。

 我々の別荘区には、神奈川県出身の方が数人いらっしゃいます。みなさん、ニセコ旅行がきっかけで移住されたみたいです。手前味噌ですが、それだけの魅力はあると思います。

 景色の美しさはもとより、湧水の美味しさはお勧めです。私は飲み水は100%湧水を使っています。札幌の家に帰るときも、途中で汲んでいきます。

 羊蹄山が頂上まで見える日はかなりありますが、くっきり見える日は数少ないと思います。

 ニセコ地方にいらっしゃる時は是非お声をおかけください。自慢のデッキでコーヒーをサービスいたします。
Posted by オニヨメの夫 at 2016年05月25日 12:54
非常に丁寧なお返事、感激いたしました。
ありがとうございます。
私は高校まで札幌で過ごし、大学から横浜に来ましたが妻共々北海道が最も好きで道東、富良野、札幌を中心に旅先に選んできました。昨年、ニセコを旅し、自然の雄大さ、気候の過ごしやすさ、食べ物の美味しさに感動いたしました。私の中でニセコは世界一のスキーのメッカというイメージでしたが夏も素晴らしいことを知らされた次第です。札幌から移住されたとのこと。うらやましい
かぎりです。これからもニセコの素晴らしさを
お教えくださいませ。
Posted by sena at 2016年05月25日 17:09
我々の場合は、札幌の家が自宅でニセコの家は別荘と言う位置づけです。
今回住所を札幌から写した理由は将来ニセコの家を売却することを考えたからで、今まで通り、札幌とニセコを行ったり来たりの生活です。
ニセコに家を建てた当初は、ニセコを終の棲家にしたい、と考えたこともありましたが、年を取るにつれ、雪との闘いに不安を感じ始め、自力で雪の始末ができなくなったら手放そうと話し合っています。実際、ここ数年の間に、二組高齢のご夫婦がニセコを引き払って札幌に引っ越されました。
Posted by オニヨメの夫 at 2016年05月26日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png