2007年06月09日

夫の小遣い

 月額約48,000円

 最近報じられた、サラリーマンの小遣い(月額)の平均です。

 すごいですね。これでもバブル時に比べると70%だとか。

 我が身を振り返ってみると、就職と同時に結婚しましたので独身貴族?の経験はありません。

 新婚当時の小遣いは3、000円でした。その後、日本列島改造計画とやらのお陰で給料は少しずつ上昇しましたが、子育てと家のローンに追われ、小遣いは横ばい状態が続きました。
 
 結局、夢の大台5、000円に達するまで十数年かかりました。

 しかも、夢は長く続きませんでした。

 そうです。子供が中学、高校に進むと、ご多分に漏れず『塾だ家庭教師だ』ということになり教育費が急増しました。

 当然私の小遣いは増えません。それどころか、子供に家庭教師を付けるため私の小遣いを半分にした結果、一時期私の小遣い(2、500円)は子供を下回っていました。

 そのときが底値で、..ヨメに『恥ずかしいから絶対人に言うんじゃないよ』と固く口止めされていました。

 その後、小遣いにも管理職手当てが付くようになり、20、000円になりました。

 さらに定年の十年前に家のローンを完済してからは、いきなり40、000円にアップしました。まさに絶頂期でした。

 ところが、55歳の時ニセコに家を建てたため、ぺナルティーとして50%カットを余儀なくされました。

 そして、2年前に年金生活が始まってからは10、000円です。

 今後年金が減り続けると、五桁キープが難しくなるかもしれません。寂しい限りです。

 なお、私の場合いつも弁当を持っていっていましたので、純粋の小遣いです。酒もタバコも嗜みませんので、足りないと思った事はありません。

 おネコ様と..ヨメ     
     01-neko.jpg

      02-nekoto.jpg

 我が家のおネコ様は、..ヨメが帰ってくるといつもこんな状態です。
 
もしよろしかったらクリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"




 
 
 

 


posted by tosshy at 10:03| Comment(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。