2016年11月03日

リンゴ狩り


ブログランキング"banner_02.gif"



 今年も、オーナーになっている壮瞥町のリンゴ園に収穫に出かけた。

1102-eniwadake.jpg


1102-shouwa.jpg


1102-rinngo-3.jpg


1102-rinngogari-2.jpg


1102-toreta-2.jpg

 一本からこれだけ穫れたので

 往復約220キロのドライブも、まぁいいか・・・。




1102-tuton.jpg


1102-yuuhi.jpg



ブログランキング"banner_02.gif"



応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  





posted by tosshy at 16:49| Comment(5) | 日記12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
洞爺湖の後方の山並の冬化粧と湖岸の枯草が寒さを感じさせ、昭和新山の手前の畑の三角錐型のものはミレーの絵画を想わせます。鮮やかな黄色と赤の紅葉が秋の終わりを告げているようです。リンゴの品種は、フジでしょうか。リンゴの北限が、稚内になる日がくるかもしれませんね。
Posted by じいじ at 2016年11月03日 22:25
写真の湖は支笏湖です。
今回我が家が収穫したリンゴは高嶺(たかね)です。
Posted by オニヨメの夫 at 2016年11月04日 00:21
黄色と赤の紅葉が素晴らしいですね〜。
ドライブで見られるとは羨ましい限りです。
Posted by sena at 2016年11月04日 16:49
黄葉している木はカラマツです。緑色の木はトドマツかエゾマツだと思います。カラマツは数少ない落葉する針葉樹で、根本付近に高級食材ラクヨウ茸が生えます。
Posted by オニヨメの夫 at 2016年11月04日 18:58
壮瞥町、有珠山、昭和新山ときたので、洞爺湖を思い浮かべました。支笏湖だと、恵庭岳ですね。 支笏湖というと、桐野夏生の直木賞受賞作「柔らかな頬」です。支笏湖の別荘が舞台となっており、2回行きましたが、洞爺湖より観光地化されていず、自然豊かで気に入りました。
Posted by じいじ at 2016年11月05日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。