2017年01月19日

雪国ゆえのストレス



ブログランキング"banner_02.gif"



0128-minami.jpg
 
 ニセコの我が家は屋根の傾斜角度が小さいため住んでいない限り雪が落ちない。

 そこで毎年3回は雪を下ろすためニセコに行っていた。

 強制暖気通風方式にして以来雪下ろし自体はそれほど負担ではないが、



1601-dr.jpg

 行き帰りの冬道ドライブが超ストレスだった。

 しかし今冬はそれから解放された。




ブログランキング"banner_02.gif"



応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  







posted by tosshy at 17:18| Comment(2) | 日記13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
屋根の積雪、かなり多いことがわかります。強制暖気通風方式とは、屋根裏に暖気を循環させて、屋根の雪を融かすことでしょうか。人力による雪下ろしの労力は軽減され、雪道運転のストレスからも解放されるとはいえ、無人の建物に、冬季間の燃料代(灯油、通風の電気)がかさみますね。
Posted by じいじ at 2017年01月21日 15:27
強制暖気通風は、常にONではありません。屋根の積雪状況を見てONにします。もし継続してONにしたら灯油代と電気代は相当かさむと思います。また、火災の危険、不安があります。幸い今冬は、継続して借りたい人が現れたので留守番をお願いしました。
Posted by オニヨメの夫 at 2017年01月22日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。