2007年07月22日

元気になりました

 ..ヨメ情報
 19日に続いて20日もCT検査がありましたが、造影剤の注射でトラブルがあったそうです。

 19日の造影剤注入に使用した太い注射針を、抜かないで20日にも使うことになっていたそうですが、20日の朝、担当看護婦(A)が血管の状態を確認せず、しかも血を固まりにくくする注射しなかったため、いざ造影剤を注入しようとしたとき、その針が使えなくなっていたそうです。 

 ..ヨメは元々血管が細く、しかもこれまで繰り返し注射をしてきたため、すっかり血管が硬くなっていて、両腕とも注射できるところがほとんどない状態です。まさに大ピンチ!

 幸い、CT担当の外来の看護婦が、オロオロしながらも細い注射針を使って造影剤を注射してくれ、無事検査を受ける事ができましたました。

 ..ヨメの話しだと、朝Aに『血を固まりにくくする注射はしないのですか』と聞いたそうですが、血管の状態を確かめようとせず、言下に『造影剤の後でします』と答えたとか。
 変だなと思っても、プロに断言されるとそれ以上何も言えなかったみたいです。

 朝の段階でその針が使えない状態だった可能性がありますが、確認を怠った為、無駄に何時間も刺していたことになります。

 今回は何とか事なきを得ましたが、もう少し注意を払ってほしかったと思います。

 CT検査の後、23日の検査の為ガリウムの注射をすることになっていて、Aがスタンバイしていたそうです。

 すっかり頭にきていた..ヨメは、Aの注射は拒否しようと思っていたそうです。

 すると、CTの技師や看護婦が..ヨメの腕の状態を見て、病院で一番注射が上手いという看護婦を呼んでくれたそうです。

 看護婦によって注射の上手い下手があるんですね。

 特に、細い血管や硬い血管の場合、高度な技術が必要みたいです。



 久しぶりのお散歩
      111-sanpo.jpg
 退院はできませんでしたが、一泊の外泊が許されて帰ってきました。早速元気になったリキとお散歩です。

 因みに、今日の..ヨメの希望はイタリア料理でした。


 癒しのワンクリックをお願いします。

ブログランキング"banner_02.gif"




posted by tosshy at 01:58| Comment(2) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 う〜ん、病院も油断できない。 でもリキくんも二重のお喜びで良かったです。
Posted by 小さな自然 at 2007年07月22日 21:08
小さな自然 様

 コメントありがとうございました。
 患者はとても弱い立場ですが、たとえ医者や看護婦に嫌われても、遠慮しないで納得いくまで説明を求める事が大事だと痛感しました。結局、『我が身を守るのは自分』ですから...。
                 ..ヨメの夫
Posted by ..ヨメの夫 at 2007年07月22日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。