2007年11月25日

冬支度がようやく終りました。

今日の羊蹄山
      11-youtei.jpg
 幻想的な姿でした。

 落下
      1111-rakka.jpg
 昨日に続いて今日も気温がプラスになりました。
 (最高気温が昨日は1.9℃、今日は5.8℃:倶知安測候所)
 雪が落ちにくい我家の屋根も、これだけ気温が高くなると落下します。

 それでも、

 しぶとい!        

      1122-tani.jpg
 谷の部分はなかなか落ちません。
 豪雪地帯で家を建てる場合、絶対避けるべき形状だと思います。

 あれは何?
      14-hata.jpg
 道路端の看板を仕舞ったため、車をバックさせる時の目印がなくなりましたので、ナイロン製のオレンジ色の袋を使って旗を作りました。

 今の時期はまだ必要ありませんが、積雪が増えてくると何か目印がないと、バックは大変です。

 全てが真っ白で、道路と雪の壁の区別がつかなくなり、山勘で20メートルもバックすると2、3回は雪の壁にぶっつかってしまいます。

 ただ、この高さだと正月に来る頃は埋まっている可能性がありますので、もっと高くしなければならないかもしれません。

 ガード
       13-ga-do.jpg
 壁から長く突き出たボイラーの排気筒が困ったチャンです。
 毎年のように屋根の雪庇が落下し、ダメージを受けるからです。

 排気筒が曲がったり凹んだりすると、当然燃えが悪くなります。
 その程度なら未だいいのですが、一度、屋内の接続部分が外れていることに気づかず、排気ガス中毒になりかけたことがあります。

 今年は、例年よりも早く大雪に見舞われたため、準備不足でした。
 仕方なく古い雪はねを二つ組み合わせて作ってみました。

 どう考えても強度不足は否めず、春まで持つかどうか心配です。
 が、ないよりはましか・・・。

 やっと間に合いました 
       16-maki.jpg
 我が家の場合、冬支度でもっとも大事なことは薪の準備です。
 
 1、2年間乾燥させた丸太を、春から秋にかけて、チェーンソーで35センチの長さに切り、斧で適当な大きさに割り、デッキの下に積んでおきます。

 それを、雪が降る前にデッキに上げて積まなければなりません。

 以前は薪をダンボール箱に入れて運んでいましたが、階段の上り下りが大変ですので、デッキの上と下に分かれ、薪を1本ずつ投げ渡すことにしました。

 投げ手と受け手のチームワーク、タイミングが重要ですが、慣れれば非常に能率的です。

 今日は、約1時間で写真の1.5倍程運びました。

 もちろん、久しぶりに心地よい疲れが残りました。


 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"





 

 




posted by tosshy at 23:19| Comment(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。