2007年12月15日

どうしても抵抗を感じます。

 今日私宛に届いた手紙です。
 なぜか年末になると送られてきます。

 FROM UNICEF  
     01-yuni.jpg

 
      02-yuni-naka.jpg

 その活動にとやかく言うつもりはありませんが、このような募金の方法に疑問を感じます。

 まず、私宛に送った理由を、

 『電話帳及び地図情報に基づいて...』

と書いてありますが、それだけでは不十分です。

 まさか、電話帳に載っている全員に出したわけは無いでしょうし、電話帳と(いかなる)地図情報とがどのように結びついて私が選ばれたのかさっぱり分かりません。

 また、わざわざ

 『ご存知ですか。かって日本が(戦後の荒廃期に)UNICEFの援助に支えられたことを』
 
と書く必要があるでしょうか?

 その援助(特に学校給食のスキムミルク)で育った者としては、こうして改めて言われると素直になれません。

 さらに、

 同封の、クレジットカードによる募金申込書には、

 『3000円』 『5000円』 『10000円』
 『30000円』 『50000円』 『その他(   円)』

と、不動文字が入っています。

 『募金額はご任意です』

と書かれていますので1円でも良いわけですが、まさかそういうわけには行きません。

 第一、少額では払込料金がかかるので無意味です。

 この手紙を出す費用だってバカにならないはずです。

 以前は、ポストカード、今回はパーソナルラベルと、使い道が限定された、というかほとんど使えないモノが同封されていました。

 特に、今回のラベルは無駄です。

 しかも、何かとものいりの年末というのもタイミングが悪すぎます。

 いくら趣旨に賛同したとしても、この時期3000円はちょっとためらいます。

 (どうでも良いことですが、灯油が高騰したので、今年は年末ジャンボを900円に押えました)

 大金を使って、募金を半ば強制するような手紙を送りつけるやり方には抵抗を感じます。

 かえって、災害が起きたときテレビでやっている、『ドラえもん募金』のようなやり方の方が素直に参加できると思います。

 過去にUNICEFに募金した事もありますが、そんなこんなで、ここ数年は無視することにしています。

 勝手に選んで、勝手に送りつけておきながら、

 『尚、今後ご案内をご希望でない場合は、その旨を当協会あてにご連絡いただければ、速やかに手続きをさせていただきます』

とは呆れます。

 一度でも募金に応じなかった場合はその意思がないと判断し、翌年から案内を送らないようにすべきです。

 それなのに、『連絡してきたら止めてやる』はないでしょう。

 もっとも、『誰に送って、誰から応募があったか』などは把握していないのでしょうが...。


 人気ブログランキングに参加しています。よろしかったら応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"





 





 
 


posted by tosshy at 01:16| Comment(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。