2008年03月04日

喪服は英語で何と言うの?

 オニヨメが『タイで洋服を作ると安いらしい。喪服がほしい』と言い出しましたので、KITTY嬢に、『喪服を作りたい。テーラーを紹介して欲しい』と聞きました。

 ところが、『喪服』がなかなか通じませんでした。

 『Mourning dress』は駄目。『Funeral dress』も駄目。

 結局、『Black dress』で何とか理解してもらえました。

 しかし、『オーダーメイドは時間がかかるので、既製品の中から選んだらどうですか?』と言われ、デパートに案内してくれました。

 上着とワンピースの組み合わせで約7000バーツでした。

 『日本だと10万円はする』(オニヨメ)そうですので確かに安いと思います。

 しかし、デザインが気に入らないとかで結局買いませんでした。

 私だったら、安さにつられてきっと買ったと思います。着られればいいわけだし、着ているうちに好きになるでしょうから・・・。

 女性の服へのこだわりはどうも違うようですね。

 デパートからの帰り、再度旧市街地をゆっくりと散策しました。
 
 歩くと色々新しい発見があります。今日はの癒し系は・・・


 路地裏の猫
      12-neko.jpg
 庶民的?猫。
 タイでは犬に比べて猫の数が少ないように思います。
 

 ショウウインドウ内?の猫
      111-2-neko.jpg
 何となくセレブっぽいお姿。なお、この写真はニマンヘミン通りで写しました。

 路上の鶏
      42-niwatori.jpg
 庶民的?鶏。たくましさを感じます。

 お屋敷の鶏
      10-niwatori.jpg
 広いお屋敷の庭を悠々と歩いていました。これもセレブ鶏?

 街中のリス
      13-risu.jpg
 10メートル以上ある高い電線を走りぬけた後、大木の枝にジャンプして消えていきました。

 どの写真もクリックすると大きくなります


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"


 


posted by tosshy at 02:41| Comment(2) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生き物たち,楽しみにしています。電線を疾駆するリスなんて童話みたいです。
Posted by kinnsann at 2008年03月04日 20:38
kinnsann 様
 
 このリスと同じ種類のリスが時々ベランダを横切りますが、素早いのでなかなか写せません。
 
 可愛い動物が沢山見られますが、同時に思わず目を背けたくなる可哀想な動物もいます。

 昨日も、交通事故に遭ったのでしょうか、両後ろ脚が不自由な犬を見ました。
 閉ざされた門扉の外で、日陰を求めて、前脚だけで後ろ脚を引きずりながら必死に移動していました。
 薄汚れていましたが首輪をしていましたので恐らくその家の飼い犬だと思います。しかし、門の中には入れてもらえないのでしょうね。門の中にはパグ、プードルなど3匹の犬がいました。
 あまりにも哀れでカメラを向ける事が出来ませんでした。しかし、その姿が目に焼きついて離れません。


 
Posted by オニヨメの夫 at 2008年03月04日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。